読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精神看護「まごころ草とばいきん草」

精神看護に関する自分なりの覚書

フィッシュ!哲学 文献紹介

フィッシュ!哲学系記事、第5弾。だいぶ長くなってしまってます。

今回は色々な文献や論文を見てみようの回です。

あんまり多くの文献を見つけることは出来ませんでしたが・・・。

 

雑誌 看護 2006年9月

イキイキと働ける職場環境づくり 「フィッシュ!哲学」の導入を試みて

東京慈恵会医科大学付属病院看護部長 大水美奈子

 前文を引用すると、

東京慈恵会医科大学付属病院では、2004年9月より、職場の活性化に効果を上げるといわれる「フィッシュ!哲学」の考え方を基にした、魅力的な職場環境づくりに取り組んでいる。本稿では、導入から現在に至るまでの活動内容を紹介する。

と、ここからフィッシュ!哲学が日本に広まりはじめました。

内容としては、

「教育改革はプログラムの見直しなどハード面の変更だけでは成立せず、運用するソフト面(人材)も同時に見直していくことで教育効果も上がると考えた。”仕事を愛するようになると、限りなく幸せになり、意義のある充実した毎日をすごすことができる”。一般に成人は、目覚めている時間の75%を仕事に関連した活動に費やしているからだ。」と、はじまり、フィッシュ哲学の大枠と実例を紹介しています。

結びに「フィッシュ導入前の2003年度と導入後の2005年度で、看護師職務満足度調査の結果に差が出ている。満足度にプラスの優位さが見られたのは7項目あり、うち4項目は人間関係に関するものであった。退職率にも良い変化が現れており、2003年度の16.8%に対して2005年度は12.5%であり、新人の定着率は97%であった。」と結果を報告しています。

フィッシュ哲学について雑誌に載った有意義な資料です。

 

 

雑誌 看護 2008.5月臨時増刊号

魅力ある職場環境をつくる アメリカ研修を基にフィッシュ!の導入を試みて

東京慈恵会医科大学付属病院看護部長 大水美奈子

2年後にも フィッシュ!増刊号として雑誌で特集されています。

大きな追加点としては、フィッシュ!おかわりの「見つける、実行する、コーチする」の概念も取り入れているという点が挙げられます。継続してフィッシュ哲学を行われていて、読んでいても気持ちの良い活動報告です。

 

雑誌 看護 2008.5月臨時増刊号

人事課から見たフィッシュ! フィッシュ!を活用し看護要員を確保

学校法人慈恵大学人事部人事課課長補佐 山口喜一

人事から見たフィッシュ!の意義が述べられている面白い記事です。あくまでも人事から見たらこんな感じに意味はあるな、という感じの観察記事であり、人事がフィッシュを導入したら、という話ではないのは注意。指摘にある「フィッシュが導入されているから、新しい環境で精神的に不安な看護師に良い。そのこともまた宣伝効果となる」という点が、印象的です。 

 

雑誌 看護 2008.5月臨時増刊号

フィッシュ!をキャリアラダー研修に導入 コミュニケーションの基本に位置づけ

東北大学病院副看護部長 門間典子 ほか

他院でもフィッシュが採用されたという記事です。教育担当の看護部長から筆頭にフィッシュ哲学が導入され、各師長がどのように反応しているかが感想によって述べられており面白い記事です。個人的にちょっといいな、と思ったのは「急患ツイテルね、ランキング(あなたが救世主)」という制度で、入院を受けた人がポイントを獲得し、何ポイントか溜まったら粗品(ジュースとか、希望のところに連休とか)をプレゼントしてもらえるというものです。しんどい入院受けにちょっとしたご褒美があると、私は単純なのでうれしく思いますね。 

 

2011年 第36回日本精神科看護学会 第9群40席

精神科療養病棟におけるスタッフの仕事に対するジレンマへの取り組み フィッシュ哲学導入で当病棟が泳ぎはじめた

神奈川県 財団法人積善会日向台病院 福本真也 川上裕子

4か月間、職業性ストレス簡易調査票を用いてフィッシュ導入前後の比較をしています。それと同時にカンファレンスを実施して振り返りを行っています。その2点を合わせて考察し、結論としていい意見と悪い意見が出たとまとめています。

おわりに、フィッシュ哲学を導入したばかりであり今後も継続したいと結んでいます。

 

2011年 第36回日本精神科看護学会 第9群41席

意欲をもてる職場づくりをめざして フィッシュ導入を試みる

岩手県 財団法人岩手済生医会岩手保養院 藤田真由美 佐々木聖 石杜淳

2007年12月から2009年7月までの約2年間、看護師の仕事意欲測定尺度の調査を前後に実施し、次いで自由記述式にフィッシュの感想を記載してもらうことで導入前後の比較をしています。考察にて仕事に対しやりがいを実感するよう変化してきたと述べています。結論としては仕事意欲向上に有効であることが示唆されたとあります。

 

2013年 第38回日本精神科看護学

第15群74席

フィッシュ哲学を基に職場を活性化する 精神科急性期治療病棟におけるストレス症状の把握と対策

島根県社会医療法人昌林会安来第一病院 池田智史 青戸結依子 田邉勝志 矢田敦子

3カ月間での調査ですが、フィッシュ導入前後の比較を精神科における看護者のストレス要因と、追加項目を入れて行っています。考察にて、「業務中にスタッフが抱いている思いの中には、コミュニケーション不足、協力体制への不十分さがあった。それは自分の意見をため込み、スタッフ間での緊張した関係に結びついていたのではないかと考える。そして、他者へのストレスや仕事に対してのモチベーション低下につながっていたのではないかと考える。」とあります。なるほどそうなのかなと思います。そうであるならば、フィッシュ哲学の導入は有効な手段と言えるでしょう。

 

雑誌 看護 2013年3月臨時増刊号

”フィッシュ!哲学”を取り入れた新人看護師教育

横須賀共済病院 野口和子

これは記事なのですが、 教育ラダーにフィッシュ哲学を盛り込んだという話です。今、ホームページを見たのですが、特に今はフィッシュと銘打っている項目はありませんね・・・。ただ、制服がいくつかから選べるなど、遊びの要素は残っているように感じます。

制度化を行うことで、法人全体で取り組みますよ、というメッセージが浸透し、各職員のフィッシュへの取り組みのバックアップにつながるだろうなと読んでいて感じます。最後の部分にフィッシュが形骸化しないよう仕掛けていくことが今後の課題とあります。哲学は今も生きているでしょうか。

 

それと最後に論文で、

産業ストレス研究19,389-400(2012)

[活動報告]看護職員におけるフィッシュ哲学の概念を基盤とした職場環境改善ー自由記述の質的分析を通してー

筑波大学大学院人間総合科学研究科 黒田梨絵 筑波大学医学医療系 三木明子

読みごたえがあり根拠や出典も潤沢に記載されており、勉強になります。良いです。

本研究では、フィッシュ対策の実施プロセスとして、研修会2週間前から各部署に書籍を看護部で購入し回覧。 外部講師によるフィッシュ哲学の概念に関する研修会を開催。ビデオ研修とその後参加者に対し各部署の師長からサンキューカードをサプライズで用意。その後、部署ごとにフィッシュ対策シートの使用方法を説明し導入開始。1か月後情報交換会を実施。その1か月後、師長と主任が集まり検討会を実施。3カ月間の経過を見た。

その後看護職員を対象に無記名式自記式質問紙調査の実施。基本属性のほか、良かった点と悪かった点を記載してもらう。その後自由記述分析は肯定的評価、否定的評価の2つに分けカテゴリ化の実施。スーパーバイズを受けながら2名の研究者間で7回の検討を行ってもらっている。

結果、人間関係の改善、モチベーション向上、前向きな思考・行動変化といった肯定的評価と、不明確な病院の方針、負担が増大する、不明瞭な成果といった否定的評価が表出した。

と、フィッシュ哲学導入による結果が明らかにされています。

フィッシュ哲学はなぜいいのか、どういった点がネックとなるのか、取り組みを提案された一般職員はどのような反応をするのかが明確となり、論文のレベルは活動報告となっていますが、有益なものとなっています。手にすることが出来るなら、読んで欲しいですね。

(黒田さん、2017年の今は健康科学大学助教になってるんですね)

 

全体を通して、一つ残念なのは、慈恵会以外の病院では、2017年現在フィッシュ!哲学が継続して導入されている様子が見受けられなかった点です。せっかくやって、効果があったと記事にしているのですから、そのまま続ければいいのに・・・。と、思います。しかしながら、フィッシュ!おかわりで記載されている通り、元に戻る引力はこうも強いんですね。文献を調べてて実感しました。

また、導入するための流れを構造化するという点は重要なのかなと感じました。フィッシュ哲学は自主的に発生するものという点がエンパワメント的であり大切ではあるのですが、それを制度として導入するなら、構造化は必要なことなのではないかと思います。その点、新人教育のラダーに導入するなど、仕組化することは有意義だと感じます。

黒田さんの論文でもあるように、不明確な病院の方針はそれだけでもやる気を損なうものです。やるなら、本腰を入れて、全体的に。

個人的に思いますが、看護部だけでこれを終わらせてしまうのはもったいなすぎます。病院とは他職種との連携が要ですし、看護師ってそもそも他職種との調整役にもなるはずです。看護部だけでフィッシュをやっていては、意味は薄いのでは・・・。だから、総務や医事課、連携室やOT、医師も巻き込んでやった方が、より効果的なんじゃないでしょうか。それにより、SBARの導入も容易になりますしね。

導入するための計画立案が重要そうですね。ぽっとで入れればぽっとで消えてしまいそう。

 

フィッシュ記事ばかりで埋まってしまうので、これでフィッシュ記事は終わりにします。

 

私個人の感想としては、フィッシュ哲学そのものはいいな、と思うんですが、導入するなら3年とか、5年とか、まとまった期間の実施をあらかじめ計画しておかないと付け焼刃なだけなのかなと思います。短期的には成功体験でも、長期的に見れば失敗体験になりそうです。

また、導入する際、その間同じ人がフィッシュ担当者となって率先する必要も感じます。担当者だけが頑張っていては意味もありませんから、病院組織全体としてそれを継続する仕組み作りも必要なんじゃないかなと考えました。

やるならしっかりガッツリ入れないと、しんどくて意味のないものになってしまいそうですね。