精神科看護「まごころ草とばいきん草」

精神科看護「まごころ草とばいきん草」

精神科看護に関する自分なりの覚書

リカバリーの学校の教科書 感想

 

リカバリーの学校の教科書: 精神疾患があっても充実した人生を送れます!

リカバリーの学校の教科書: 精神疾患があっても充実した人生を送れます!

 

 自主的にリカバリーについての学び強化期間です。まずは当事者向けのわかりやすくまとめられているものから手をつけています。

 

リカバリーとは新風です。

今まで問題解決型の看護が提供されてきました。それはすなわちその人の病気等から悪い点を探し出し、それを解決するという方法です。その方法によって私たち看護師は常に問題探し、あら捜しをするような発想になってしまっています。短期的・治療可能な病気ならそれは効率的ですが、精神病等の慢性的な疾患に関しては非効果的であることが研究結果により明らかになっています。

リカバリー視点とは、その全く逆です。よりよく生きるためにどうするかを探す方法です。また、その主導権はその人本人が持っており、看護師は直接指導したり強制したりすることは出来ません。

 

例えるなら、アンパンマンのキャラにいるロールパンナです。彼女は出生がややこしく、赤いハートと青いハートと2つの心で常に揺れ動いています。ばいきんまんの影響が強くなるとアンパンマンを敵とみなし皆を攻撃してきますし、メロンパンナちゃんの影響が強くなると良い心を取り戻し、綺麗なものを綺麗と感じられるようになります。

もし彼女を問題解決型の視点で関わったらどうなるでしょうか。青いハートを取り除こうとされたり、状態が乱れた時にどうするかのケアプランを立てられてしまうのではないでしょうか。そして彼女が赤いハートでいる時の事は特に評価されないのではないでしょうか。

彼女をリカバリー視点で見れば、全く変わってきます。「いつかはメロンパンナちゃんと一緒に暮らしたい」と夢を見て、何の為に生きているかはわからないながらもくらやみ谷で人に迷惑をかけないようにそっと暮らしています。時に勇気の花を育て上げたり、生きることに悩むドーリィというキャラクターを悩みから救い出したりしています。もちろん青いハートが優位になり人を傷つけることをしてしまうこともありますが、それは彼女の本質ではありませんよね。

 

閑話休題。本著に戻ります。

本著は100ページくらいで短く簡単にまとめられていることと、当事者の声がそのままのっていること、見開きで1つのテーマを語られていること、大事なことがツイッターのつぶやきのように一言でまとめられていることが読みやすく、とても気軽でお勧めできます。

内容としてもロールモデルを持つ、からストレングスモデル、WRAP、リカバリーの哲学的部分やIPS(Individual Placement and Support/個別就労支援)まで幅広く解説されています。

またWRAPやリカバリーシートと言ったワークも複数あり、実際に手を動かしながら取り組むという点が教科書らしい、工夫されたいい部分と思います。

 

ロールモデルを持つこと、という部分では何人ものリカバリーをされている当事者さんの声が乗せられています。8年間入院していたが様々に仕事を行い北海道から九州まで日本全国を飛び回る程の活動をされている方や、WRAPファシリテーターとなり今では人のためにリカバリーを伝えている人など。紆余曲折はありながらも見事に自分のやりたいことを行えている人です。

その人たちは、特別だったからそうなったのでしょうか。違うように思います。自分のしたいことを勇気と責任を持って前に進んでやっていったのではないでしょうか。

 

本著よりリカバリーについての言葉を引用します。

リカバリーは、病気と闘うとか負けないとか、そういうことじゃない。疾患のことは脇に置いて、人として自分の人生をいかに過ごすか、自分で考え、行動している状態だ。そして「あの人なら私のことをわかってくれるはず」と思える人をもっている。小さくても人から期待されるような役割と目標があったり、自分の目的があり、達成感を味わっている。リカバリーとは、こんな人の歩みだ。

疾患の事は脇において、という点が本当に素晴らしいと思います。精神疾患があるからとはいえ、病気=その人ではないんですよね。統合失調症の○○さん、じゃなくて、マジックの上手い○○さんだし、勉学に励む△△さん、ですよね。

そして本著は引き続いて精神疾患がありながらも充実した人生を送る人の5つの特徴を説明しています。

1)疾患と異なる自己定義

2)生活の自己管理感

3)生きる目的

4)役割・責任・達成感

5)有意義な人間関係

それぞれについて詳しい説明は省きますが総括して、自分の夢を持ったり目標に向かって生きがいを感じたり、人間関係を豊かにするといった人生や社会に対してより積極的な態度を持つということです。

当事者の方が、本著を媒体にして、自分のリカバリーに向かう能力を高める(エンパワメントする)事が出来れば最も素晴らしいことです。ただ、全ての人がすぐにリカバリー視点が出来るかといったら、難しいところがあるのは事実だと思います。なぜなら、健常者と言われている人たちでも全員が”生きる目的”が持ててはいないんじゃないでしょうか。逆説的に言えば、私たち看護師もこのリカバリー視点は自らを高める為に使えると思います。

そういった意味で、あたかも私たちが当事者になった思いで本著を読んでいく事に意義があるのではないでしょうか。