読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精神看護「まごころ草とばいきん草」

精神看護に関する自分なりの覚書

中動態の世界 意思と責任の考古学(シリーズケアをひらく) 國分功一郎 感想

 

中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)

中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)

 

シリーズケアをひらくから出ているので、読みやすい本かと思っていたら本格哲学書でした。さらに言語学的基礎体力も要求されて、中々にハードでした。すごく面白かったです。

どうも京大・東大の大学生協で上位2位ぐらいの売り上げを記録しているようですね。

  ちなみにすごい横道にそれますが、各大学生協での本の売り上げランキングが公開されています。やはり大学によって雰囲気が違いますね。

www.univcoop.or.jp

 

 

本著を簡単にまとめるよう試してみます。

 

「する」と「される」の、能動態と受動態だけでは説明できない事ってありますね。カツアゲとか。銃を突きつけられてお金を要求されたら、強制的にお金を出している点では受動的だけど、結果お金を出すというところに従った点は能動的。カツアゲされるのって能動なのか受動なのか・・・。

そこで「中動態」が出現。「中動態」はその行為がやった人に帰属する事を指していて、例えば彼は馬をつなぎから外す、という言葉。彼が、そのまま馬に乗って出かけるなら中動態。彼は召使で、主人に馬を渡すなら能動態になります。なぜなら、自分の為の行為ではないから。

行為の「する」「される」には責任や意思が絡んでいるけれども、中動態では行為の「自由」と「強制」の度合いが絡んできます。

こういった中動態という概念がわかると、今までなんとなく分かりえなかった部分が理解できるようになっていきます。例えば、「する」「される」に二分される理解は、常に責任の所在はどこか追及しているという事がわかります。中動態で理解出来れば、物事を責任がどうこうではなく、状態がどうこうで考えることができるようになります。

物事を理解したり人に伝えたりするには言語を使用します。しかしその言語もどこかバイアスがかかっているかもしれません。「する」「される」の二分される理解では責任の所在を明らかにする言語というバイアスがかかります。能動態と中動態というものさしは、「自由」と「強制」の度合いを測るサーチライトになり、それは責任という部分では照らされていなかった本質が眠っている部分を鮮やかに照らし、物事の理解を深めるかもしれません。

そこから臨床に発展させるとするなら、例えば介護する/介護されるという物事。これも中動態での解釈を導入すれば自由度と強制度の度合いで考えていくことは出来るんじゃないでしょうか。また、本著冒頭でもあったアディクション。確かにお酒を求めて呑んでしまったのは事実ですが、そうせざるを得なかった文脈を加味すれば、強制度の度合いが高かった(中動態に対しての能動的であった)のではないか?ならば、責任を追及する形や意思を強く持てという立ち位置は不適切なのが明らか。それを踏まえて、どうかかわっていくかを建設的に考えることが出来るようになる・・・。それが、中動態という概念の可能性ではないでしょうか。

 

(970文字)・・・という感じでしょうか。自分の力不足を痛感します。

もちろん本著は上記の私が書いた駄文なんかでは拾いきれないほど沢山の慧眼が光ってます。

能動態と受動態には突然意思が現れること。

中動態の起源をめぐり紀元前の古代ギリシャ哲学にまで遡りある発見をすること。

ハンナ・アレントを補助線に描く中動態の概念に意思と責任について。

ハイデガーの放下とは。

スピノザのあらわす自由について。

そして最後にビリーバッドを題材に今までの振り返り。

上の駄文ではなく、原著でしっかりと概念を理解するほうが確実です。ぜひ興味がわいた方は読んでみてください。

 

冒頭のほうですぐに明らかになっていく事実なんですが、意思というものはあるんだかないんだかあやふやなんですね。

1980年代の生理学者ベンジャミン・リベットが行った実験によると、被験者に好きなタイミングで手首を曲げてもらい、その際の脳の動きを電位変化を通じて観測するということを行った結果、人間が実際に行為する0.5秒前に脳は関連する活動を開始しているが、被験者が実際に行為をしようと思ったのは0.4秒前と、必ずずれが生じることが分かっています。

これはどういうことかというと、意思→脳伝達→行為と、意思が初めにあると思われていましたが、実験によって脳伝達→意思→行為と、意思を持つ前に既に脳伝達が始まっていることが分かったということです。私たちの持つ(と思っている)”意思”って何なんでしょうね。

そんな意思を持って何かを行ったかどうかを常に責任追及される言語、たまったもんじゃないです。意思という概念自体あやふやなうえ、意思は常に流動的です。変化を伴っているものであるから責任追及なんて難しい。でも、責任追及をしなければ社会が成り立たない。法によって私たちを律しているから、その必要がある。・・・そんな必要から駆られて「する」「される」という能動/受動は生まれたのかもしれませんね。

 

また、本著は題材の面白さももちろんですが、その論の運びが非常にわくわくさせる流れになっています。

例えば第1章では、問題提起から始まり、「する」「される」について考えていきます。その中で「する」と「される」の事柄には意思が介在していることが分かっていきます。そしてこの意思とは、構文によって現れてくることが明らかになっていきます。「私が自分の手をあげる」から、「私の手があがる」を引くとどうなるか。残るものは意思か、何もないのか。何もないはずの何かを思い描かずにいられないのか。そこから中動態に答えを求めていきます。かつてあった中動態。しかもそれは日常的に用いられている言語の中に存在していた。なぜそれは消えていったのか。中動態のある世界とはいかなるものか?

・・・と、こんな感じに展開していき、第2章に引き継がれていきます。この運びはまるでテレビの引きみたいで、分かりやすく煽ってきます。また助かるのが、必ず次章のはじめに、それまでの振り返りを簡単に乗せてもらえている点。繰り返し読むのにありがたいです。

 

この本を読むことによって臨床的にも、前出の通りする/されるにとどまらない考え方・捉え方が出来るようになりますし、直接的にもスピノザハイデガーなど哲学書を読む時の補助にもなっていきます。いつか読んでみてはどうでしょうか。